賃貸住宅トラブル

生活の拠点、「住まいのトラブル」
を回避するためにできること

住まいは、私たちの生活の拠点です。
国土交通省の調べによると、わが国の民間賃貸住宅は約1343万戸と、住宅全体の3割を占めています。その借家や賃貸マンション・アパートに関する「賃貸借契約」をめぐるトラブルは、いつの時代も高い水準で推移しています。特に多いものとして敷金・保証金に関する問題があげられます。

依然として減らない賃貸住宅トラブル
人口集中が進む都市型トラブル
トラブルの内容
賃貸住宅トラブルを避けるために
入居時に必要な確認
原状回復には限度がある
賃貸住宅トラブルに陥ったら
退去時に必要な確認
もしも家賃を払わないでいたら