トラブルQ&A

逮捕されてしまったときの注意点はなんですか?
質問番号440
カテゴリ犯罪・警察沙汰 > その他
2013年12月27日
question
逮捕されてしまったときの注意点はなんですか?
answer
①弁護士に依頼する権利があること
②話したくないことは話さなくてもいい権利(黙秘権)があること
③調書の特徴

についての3点を理解しておくことが重要です。

①逮捕・勾留されている場合、いつでも弁護士を呼んで相談したり、弁護士へ自分の弁護を依頼する権利が保障されています。
弁護士を呼ぼうとしても捜査機関に妨害される場合には、捜査への協力を拒否するべきです。

②黙秘権とは、話したくないことは、話さなくてもいい権利のことをいい、取調べに対して供述をすることもできますし、一切の供述をしないこともできます。
また、質問に対し、一部は話をし、一部については話をしないことも許されます。
供述を拒否したとしても、不利益に扱われることはありません。

③調書とは、取調べに対して供述した内容を文章として記載されるもので、読み聞かせを受けて内容を確認された上で、署名と押印を求められます。
また、調書は、裁判になると、署名と指印をした調書の内容のとおりのことを話したと扱われてしまいます。
調書の内容に間違いがあった場合、裁判でこれを覆すことは現実として難しいという実情があります。
従って、調書に署名押印をする際には必ず内容を確認しなければなりません。
調書の内容に誤りがある場合には内容の訂正を求める権利があり、内容が自分の発言と違う場合には、調書への署名と指印を拒否することができます。
トラブルQ&A一覧に戻る
ページ最上部へ
都道府県リセット