トラブルQ&A

既婚者と知らずに不倫関係になった場合の慰謝料について
質問番号450
カテゴリ男女トラブル > その他
2014年02月05日
question
数か月前から交際してきた男性が、実は妻子をもつ既婚者であることがわかりました。
先日、突然、彼の奥さんから連絡がきて、不倫の慰謝料を請求されました。

彼は、知り合った当初から独身であると言い続けていましたし、妻子がいるような様子もありませんでした。
私は、彼が独身者である信じていたからこそ、交際を承諾しました。
既婚者であると知っていれば、絶対に交際しませんでした。

既婚者であることがわかった今、彼とはすぐに関係を断とうと思っていますが、それでも彼の奥さんに不倫の慰謝料を支払わなければならないのでしょうか。
answer
この場合、慰謝料を支払う義務は生じないと考えられます。
不倫による不法行為が成立するには、故意または過失により、相手の権利利益(夫婦共同生活の平穏を守る利益)を侵害することが要件となります。

彼が既婚者であると知りつつ、不倫関係をもった場合は、彼の奥さんの夫婦共同生活の平穏を侵害する行為として、不法行為が成立し、慰謝料の賠償義務が生じますが、本質問のように、彼から独身者であると嘘をつかれ、それを過失なく信じていた場合には、基本的には彼の奥さんに対する不法行為は成立せず、慰謝料の賠償義務はありません。
トラブルQ&A一覧に戻る
ページ最上部へ
都道府県リセット