トラブルQ&A

一度書いてしまった遺言書を無効にする手続きはありますか?
質問番号70
カテゴリ相続 > その他
2013年08月19日
question
私の母は、現在要介護認定を受けており、老人ホームに入所しています。
以前姉と同居した際に虐待を受けたらしく、私が相談にのり、老人ホームへの入所を勧めました。

しかし、ある日突然姉が現れ、老人ホームから母を連れ出してしまったようです。
1週間後に母は戻って来ましたが、姉に全ての財産を相続させる旨の遺言書を無理やり書かされたと言っていました。

ここで質問なのですが、このようにして書かれた遺言書は有効なのでしょうか?
母もそのようなことは望んでいないようなので、一度書いてしまった遺言書を無効にする手続き等はあるのでしょうか。
answer
あなたのお母様の要介護認定の程度や、お姉さんに強要された程度によっては、作成された遺言書の効力を争うことができる可能性はあります。
お母様の本当の意思を反映した遺言書ではないからです。

しかし、一度作成した遺言書の効力を争うことは手続的には容易ではないので、お母様がご健在の間に、新しい遺言書を作成されることがよいと思います。
遺言書はいつでも作り直すことができ、常に新しい遺言書によって、それ以前の遺言書の内容を取り消すことができるからです。
仮に前の遺言と後の遺言が抵触するときは、その抵触する部分については、後の遺言で前の遺言を取り消したものとみなされますから、改めてお母様の意思に従った遺言書を作り直すことができます。

ただ、遺言書は要式性が厳しく、必要事項を記載していないと無効になってしまうので、作成前に一度弁護士に確認される方がよいと思います。
トラブルQ&A一覧に戻る
ページ最上部へ
都道府県リセット