トラブルQ&A

離婚の約束を後々まで守らせたい
質問番号484
カテゴリ男女トラブル > 離婚
2014年02月28日
question
夫と離婚することになりました。
夫は、子供の親権者を私とすること、財産、慰謝料、養育費を支払うことに同意しています。
この約束を確実に守らせるためにはどのような手順を踏んだらいいでしょうか。
answer
話し合いで離婚の条件が決まらない場合は、家庭裁判所を通じた手続(調停、訴訟)をとることになりますが、条件面の話し合いがついている場合は、公正証書を作成するといいでしょう。

公正証書は、法律の専門家である公証人が作成する公文書です。
公正証書で決められたにもかかわらず、相手方が支払いを怠ると、裁判を起こさなくても給料差押えなどの強制執行をすることができるのがメリットです。
あなたの場合も、夫が約束した養育費を支払わなくなった場合に備えて、公正証書を作成しておく方が無難です。

公証役場は各地にあり、どの役場に行っても構いません。
夫婦2人で行くことになりますが、都合が悪い場合は代理人に委任することもできます。
前もって公証役場に電話をして日時を予約し、離婚の条件などをFAXや郵送で知らせておくと、スムーズに公正証書を作成できます。
作成費用や持参すべきもの(実印や戸籍謄本など)を電話で教えてもらいましょう。
トラブルQ&A一覧に戻る
ページ最上部へ
都道府県リセット