トラブルQ&A

老母の財産をしっかり管理したい
質問番号486
カテゴリお金 > その他
2014年02月28日
question
年老いた母が認知症になってしまいました。
母と同居している兄夫婦はお金に困っているようなので、母の財産を使い込んでしまう心配があります。
answer
精神上の障害により判断能力が不十分な方は、自分で預貯金等の管理をすることができずに親族に使い込まれてしまったり、悪徳商法にひっかかってしまったりすることがあります。
そのような方を保護するために、関係者が家庭裁判所に申し立てて、その方を支援する人を付けてもらう制度があります。

本人の判断能力の程度によって、「後見」「保佐」「補助」という3つの制度があります。
判断能力が全くない場合は、後見人をつけてもらうことになります。
後見人は、家庭裁判所の監督の下に、本人に代わって本人の財産を管理します。
本人を代理して老人ホームとの契約を結んだり、本人が高額の商品を購入してしまった場合にはその売買契約を取り消したりすることもできます。

家庭裁判所への申立ては、配偶者や四親等内の親族などがすることができます。
後見人には親族がなる場合もありますが、弁護士などの専門家が選ばれる場合もあります。
トラブルQ&A一覧に戻る
ページ最上部へ
都道府県リセット