トラブルQ&A

遺産分割を弁護士に依頼した際の流れについて
質問番号504
カテゴリ相続 > 相続
2014年03月07日
question
先日、親族が亡くなったのですが、遺産分割でまとまりません。
遺産分割を依頼した場合の進行について教えてください。
answer
弁護士に遺産分割を依頼した場合、まず相続人に誤りや漏れがないかを確認し、相続人を確定させます。
そして次に相続人が相続する相続財産の範囲を確定します。
遺産分割においては、そもそも相続財産の範囲に争いがあることも多いですし、後々遺産分割協議がまとまらず家庭裁判所での調停や審判となった場合にも相続財産の範囲の確定が非常に重要になります。

相続財産の範囲が確定したら財産の価値を評価し、財産目録を作ります。
遺産分割の際の財産の評価は、分割の協議をする時点の時価とするのが原則です。

弁護士は、それぞれの相続人の話を聞き利害を調整しながら依頼人の希望に沿うように交渉をすすめますが、遺産の範囲や寄与分等の問題でまとまらない場合もあり、その場合には家庭裁判所の調停又は審判によって解決をはかります。実務上は先に調停手続をすすめ、調停が成立しなかった場合に審判手続きに移行します。
トラブルQ&A一覧に戻る
ページ最上部へ
都道府県リセット