トラブルQ&A

誕生日が4月1日の人は、なぜ学年が一個上になるのですか?
質問番号520
カテゴリその他 > 法律全般
2014年03月26日
question
新年度は4月1日に始まるのに、なぜ4月1日生まれは早生まれで、学年が一個上になるのでしょうか?
answer
これは、年齢計算ニ関スル法律及び民法と関係しています。

 年齢計算ニ関スル法律(明治35年に制定されたままですからカタカナ表記です)

1 年齢ハ出生ノ日ヨリ之ヲ起算ス
2 民法第百四十三条ノ規定ハ年齢ノ計算ニ之ヲ準用ス

 民法第143条

1 週、月又は年によって期間を定めたときは、その期間は、暦に従って計算する。
2 週、月又は年の初めから期間を起算しないときは、その期間は、最後の週、月又は年においてその起算日に応当する日の前日に満了する。ただし、月又は年によって期間を定めた場合において、最後の月に応当する日がないときは、その月の末日に満了する。

これを、4月1日生まれの人に置き換えてみますと、年齢は「出生より起算する」と書かれておりますので、4月1日から数え始めます。
そして、「その期間は、年においてその起算日に応当する日の前日に満了する。」と書かれておりますので、翌年の3月31日を迎えて一つ歳をとることになります。そして、

 学校教育法第17条は

「保護者は、子の満六歳に達した日の翌日以後における最初の学年の初めから、満十二歳に達した日の属する学年の終わりまで、これを小学校又は特別支援学校の小学部に就学させる義務を負う。」

 学教法施行規則第59条は、

「小学校の学年は、4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。」

とそれぞれ規定しております。すなわち、小学校には満6歳に達した子供が入学できるわけですが、4月1日が新年度なので、前日の3月31日に満6歳になった4月1日生まれの子供は、4月1日の新年度から小学校に通うことができます。

他方、4月2日生まれの子供は4月1日に満6歳になるので、4月1日生まれの子供と同じ学年に進むことはできません。4月1日は満6歳に当たる日であって、「子の満六歳に達した日の翌日」ではないからです。
従って、4月2日生まれの子供が小学校には通えるのは、翌年の4月1日ということになります。
トラブルQ&A一覧に戻る
ページ最上部へ
都道府県リセット